ボーイスカウト豊中第20団 -> ベンチャー隊 -> 剣山

剣山 2008.10.11

2008年度のVS隊のプロジェクトは「屋久島プロジェクト」。この山プロに対応するには体力をつけねば。
ということで、山プロ第一弾は、「剣山」。日本百名山の一つ。10月からいきなり遠征です。

登山口

◆剣山の登山口
10月11日。大阪から四国の剣山へ。
朝4時に千里を出発して、4時間ほどで見ノ越に到着しました。
前日は雨が降ったため、登山客はまばら。

我々は民宿を予約していたため登山を決行。天気予報は曇り。最高26度最低20度。

9時から登山を開始しました。

登山道はよく整備されていて歩きやすい。
でも、ガスが出ているため周囲の景色はほとんど見ることができません。

剣山山頂

◆剣山山頂(標高1955メートル)
登山口から約2時間で山頂に到着。10時55分。
あいにく山頂付近はガスで視界は最悪。気温9.6度。

あまりに寒いので、みんなは岩の横で服を着込む。
三脚にカメラを固定して、ガスの中で記念撮影。
風で倒れないか心配するほどだ。
吹きすさぶ寒風のなかで、一等三角点にタッチしてジロウギュウへと進む。
板道の終端から尾根道を下る。岩道を200mほど降りると巻き道の分岐点。
尾根道では風がまったく感じられない。
しかし、周囲はあいかわらずガスで視界は10mほどだ。

ジロウギュウ

◆ジロウギュウ(標高 1929メートル)

12時に到着。 4等三角点がある。
あいかわらず何も見えない。
ここで全員記念撮影。
そして、持参したワンカップ酒で乾杯。(注:全員二十歳を越えてます)
昼食。
榛地君はタッパーにご飯をパンパンに詰めて、缶詰を3つ。
ボリューム満点やな。ボーイ隊のときに缶詰弁当の活動が多かったことを
思い出した。
風が少しきついが、酒のせいで少し体が温かくなってきた。
団委員長が持参しためざしをあてにして飲む。
景色が見えないのは残念だが、酒はうまい。
他に数名の登山客がいた。聞けば松山から来られたとか。
天気が良ければ大山とか見られるのにね、今日は残念ですと。
石鎚山も良いから是非登ったらと勧められた。

晴れた剣山山頂

◆10月12日の剣山山頂

昨日のガスがあまりにも残念。

ということで、翌日もう一度登山。(二日続けて登ったのは初めて)

こんな景色だったんですよ。素晴らしい。やっぱ登って良かった。

大剣神社付近の風景

◆大剣神社から見たジロウギュウ

途中、大剣神社付近から見たジロウギュウ。

あのジロウギュウに登った時は周囲がまったくわからなかったけど、こうしてみると凄いところに登ったんだなあという実感が湧いてくる。



剣山山頂でRS隊長と

◆RS隊長とVS隊長

この秋、東京に転勤になるRS隊長と記念撮影。(剣山山頂にて)


剣山から見たジロウギュウ

◆剣山山頂からみたジロウギュウ
まるでポスターそのもの。
こんな風景があるんですね。

遠くに見える尾根沿いの道を昨日登りました。

いい山ですね。剣山に来て良かった。

でも、大阪からじゃあ。日帰りはきつい。

タイムテーブルは、「そんなベンチャーな?」をご覧ください。