ボーイスカウト豊中第20団 -> べんちゃーな?お買い物

べんちゃーな?お買い物

スカウト活動に必要な物品購入やプログラム作成のための情報収集、さらには各種イベント(バザー等)のための準備!(笑)
何かといそがしい指導者にとって、けっこうな負担ですよね。 これらはインターネットで提供されているものもありますが、時間のない指導者には探すのも大変な労力。 そこで、管理人がいままで購入や情報収集(興味本位や価格調査等)に利用したサイトをまとめてご紹介いたしま す。

メニューをスキップ

キャンプ

気になる一品 ショップ ザック テント ベッド/シュラフ 炊事道具 食材食品 ナイフ テーブル/イス バーナー ランタン 時計 ラジオ 携帯電話 電池 ボトル 手袋 クラフト 地図コンパス 小物

キャンプ中の源は食事と睡眠。春先や晩秋のキャンプではこのシュラフの良し悪しがモノをいいます。

スノーピーク(snow peak) セパレートシュラフマイクロマミーR

スノーピーク(snow peak) セパレートシュラフマイクロマミーR

シュラフには苦い経験があります。私が初めてボーイのキャンプにいくことになったがシュラフがない。聞くと、どんなものでもよいからといわれて、近くのアウトドアショップに。すると、そこには大特価980円!という封筒型のシュラフが!もう、これしかないと思い購入して5年間。夏は困らないが、春先と晩秋のキャンプでは凍えるように寒い!こんなもんかと思っていたが、あるときシュラフを買い替えてキャンプしたら、こんなに暖かく熟睡できる!!ということがわかった。
私がシュラフを買い替えたときの考え。

  • 羽毛のシュラフは高い。(2万円代)
  • 年間そんなにキャンプはしない。夏場のキャンプではシュラフはなくても眠れる。
  • 私は登山家ではない
  • でも、春先と晩秋のキャンプ比較的暖かく眠りたい。
  • 1万円以内のシュラフは種類が多いが違いがわからん。でも、ええもん買いたい。

ということで選んだのが「サーモライトエクストリーム」という素材(化学合成?)を使ったもの。なんでもあのデュポン社が開発した素材だそうです。調べに調べて、これなら、まあええかもしれないと思い購入しました。紹介したものは私が購入したものとは違いますが、中綿の素材は「サーモライトエクストリーム」です。軽くて保温性が良いとのことです。このシュラフで10泊ほどしましたが、そのとおりだと実感しました。羽毛にはかなわないかもしれませんが、費用対効果の面で判断すると合格してる。ただし、氷点下のところではこのシュラフではキツイでしょう。

ロゴス(LOGOS) コンパクトキャンプベット

ロゴス(LOGOS) コンパクトキャンプベット

懐かしい!昔のヒット商品『GIベット』が復刻!夏場のキャンプではこれ一つあると重宝します。虫よけにもなりますし。コンパクト設計になっているので持ち運びも苦にはなりません。一昔前のシニアスカウトなら、愛用している人も多いはず。20団でも持っている人がいます。価格的にも手ごろなんで、私も一つ購入しようかと考えています。●総重量:(約)4kg ●サイズ:(約)幅182×奥行61×高さ16.5cm ●収納サイズ:(約)幅17.5×奥行63.5×厚さ7cm ●素材:(フレーム)スチール、(生地)ポリエステル ●耐荷重目安80kg

カルム アルミコンパクト キャンピングベッド(バッグ付) M-8831

私が購入したベッドです。バッグがついていますので持ち運びにも便利です。簡単に組み立てることができます。これとケープがあれば、夏場のキャンプでも快適に眠ることができます。いつも、「ロールマット+シュラフ」か「組み立てベッド+ケープ」のどちらかにするか迷います。軽さを重視するなら前者、快適さを重視するなら後者と決めています。
(サイズ):組立サイズ(約)/幅60×長さ186×高さ24cm (重量):重量(約)/2.8kg (耐荷重):耐荷重(約)/80kg

健康

アレルギー・禁煙 虫対策 サバイバル 衣類 健康維持

イベント

セレモニー バザー 各種イベント

パソコン

パソコン ホームページ