ボーイスカウト豊中第20団 -> 集団ゲームのヒント -> 集団ゲームのヒント チーム対抗編

集団ゲームのヒント チーム対抗編

ピンポン玉リレー バージョン2
準備 ピンポン玉
方法
  1. 適当にチームに分れる。1チームは4、5名くらい。
  2. 先頭の人は、どちらかに首を曲げて、自分の耳にピンポン玉を乗せてポイントを回って次の人にタッチする。
  3. 落としたらスタート時点に戻ってやり直し。
  4. 早く終わったチームの勝ち。
ヒント 首を曲げているために、真っ直ぐ歩くのが意外とむずかしい。雨の時もOK。しかし、子供の耳は小さいので、ピンポン玉は落ちやすい。ルールは適当に。福耳の人はラッキー!?
ロープ通しリレー
準備 5m以上のロープ
方法
  1. 適当にチームに分れ1列に並んぶ。1チームは4、5名くらい。
  2. 合図で、先頭の人が、上着(右そで)からロープを入れ、背中からズボンの中を通して、左足のすそからロープを出す。
  3. 後ろの人がそのロープを同じように通していく。最後の人までロープを通したら、全員でポイントまで走っていき、戻ってきたチームの勝ち。
ヒント 右そでからロープを入れるのが難しい場合は、首のところからロープをいれてもよい。ただし、子供たちのズボンは半ズボンがよい。雨の時でもOK。ロープは長い目を用意すること。
ジグソーパズル
準備 使い古しのカレンダー(または、あらかじめ画用紙の絵をかいておいたもの)、はさみ
方法
  1. 適当にチームに分れる。1チームは4、5名くらい。各グループにカレンダーを配る。
  2. チーム内で話し合って、10ピースにはさみで切る。各ピースは少し大き目にしておくこと。
  3. それを混ぜ合わせて、となりのチームに渡す。
  4. リーダーの合図で、受け取ったジグソーパズルを早く復元したチームにポイントが与えられる。
  5. 次に、その10ピースのジグソーをさらにはさみで切って15ピースにして、となりのチームに渡す。
  6. こうして3)からまた始める。1勝負が終わると、ピースを増やしていく。(5ピースくらい増やす)
  7. 最初の自分達のジグソーが戻ってきたところで、ゲームセット。その時の得点の多いチームの勝ち。
ヒント 自分達のジグソーが戻ってくるということは、ナイショにしておくこと。カレンダーはわかりやすい図柄をえらんだほうがよいでしょう。室内ゲームなので、雨の日のプログラムにどうぞ。
チクタク時計
準備 なし
方法
  1. 適当にチームに分れる。1チームは6、7名くらい。
  2. 各チームは輪になって座る。スタートする人を決めて時計回りに時報の音をいうゲーム。
  3. 最初の人から順に「チク」、「タク」、「チク」、「タク」、「ボン」と1時の時報を知らせる。
  4. ボン」と言った人のとなりの人から、続いて、「チク」、「タク」、「チク」、「タク」、「ボン」、「ボン」と2時を知らせる。できるだけ早く言うこと。
  5. こうして、間違わずに時報を何回言えるかをチーム間で競う。
ヒント 手で時報を数えるのは反則。両手を後ろに回させておくとよい。最初は、練習をさせること。かなりエキサイトしまっせ。
パクパクコンテスト
準備 なし
方法
  1. 適当にチームに分れる。1チームは4、5名くらい。
  2. 各チームで、みんなが知っている歌を決める。
  3. チームごとに前にでて、その歌を歌う。ただし、声は出さないこと。口だけをパクパクさせて、歌を歌う。
  4. 他のチームは、曲名を当てる。最初に当てたチームにポイントを与える。
  5. 正解がでない場合は、歌っているチームにポイント。ポイントの多いチームの勝ち。
ヒント 歌を2回歌わせても良いし、リーダーが適当にストップといって中断させてから、曲名を当てさせるなど工夫するとよい。各チームは曲を4、5曲決めておくこと。ダブルといけないので。