ボーイスカウト豊中第20団 ->団活動 -> 耐寒ハイク2007

耐寒ハイク2007 07.03.04

毎年恒例の耐寒登山。今年も「金剛山」にやってきました。ビーバーからベンチャーまで総勢60名が金剛山にいきました。

僕たちビーバーだよ

午前7時に千里中央に集合。総勢約60名です。耐寒? いえいえ、今日はぽかぽか陽気です。
午前8時30分過ぎに金剛山登山口に到着。ボーイ隊を先頭にして9時頃に出発しました。
今回のルートは、昨年と同様、「黒とが谷(セト)」ルート。ビーバー隊も参加していますが、このルートならいけるでしょう。
セト経由で山頂まで約二時間を見込んでいます。つまり、9時出発なので山頂へは11時の到着。
しかし、なんということでしょう!
先に出発したベンチャー隊&ボーイ隊は「黒とが谷(セト)」ルートをたどることができましたが、カブ隊とビーバー隊が違うルートを進んでしまったのです!

そう、それは「黒とが尾根」への一直線ルートでした。これはかなりキツい直登コース。

ベンチャー隊&ボーイ隊の最後尾にいた私は、セトで待つこと20分。遠くから「ヤッホー」というにぎやかな声が聞きながら、なぜか姿をあらわさないカブ隊&ビーバー隊を不思議に思いながら、これ以上待てないので先に進むと...。

えっ!
そこには、元気なビーバー隊が。どうしてそこにいるの?

何?直登してきた? そんなはずはない。だいたい毎年登っているのにリーダーが間違うはずがない。(でも、間違っていたんですな。)

それにしても、よくもまあ、こんなキツいコースを登ってきたなあ。(ビーバーちゃん、えらい!と感心)

ビーバー隊は一等三角点でビーバー!

まあ、アクシデントはつきもの。その後、カブ隊とボーイ隊は山頂からのルートも間違って、1キロも余分に歩いたというダブルの間違いが発生。(これは笑える)
金剛山だから、少々間違ってもどこかであえるけどね。(ちょっと心配)
地道に歩いたビーバー隊は、ご覧のように一等三角点(1125M)で記念撮影してきました。

それにしてもスカウト達は元気。
体力がないのは中年リーダーです。おまけに、花粉症のためのマスク。
マスクをすると息でメガネがくもるし、かといって、マスクをはずすと鼻がぐずぐずするし。
「耐寒登山」というよりは「耐花粉登山」でした。

このあと、山頂のキャンプ場で、ボーイ隊がお湯を用意してくれました。
そして、カップメンとおにぎり。やっぱ、おいしいね。

今回は育成会からの参加もありましたが大人数でワイワイ楽しいハイキングでした。

こうして、山頂のキャンプ場から午後1時30分に下山開始。その後、たった45分で駐車場までたどり着きました。

ベンチャーとカブ隊元気にハイキング公園で遊ぶ

▼それぞれの隊の報告はブログをご覧あれ!