ボーイスカウト豊中第20団 -> 団活動 ビーバー隊 カブ隊 ボーイ隊 VS隊 -> 入隊上進式 (1) (2)

気持ちあらたに 2003.9.7

上進式の前に、約束の確認です。

◆2003年9月7日。豊中20団、新年度の入隊上進式の日がやって来ました。
今年も激動の日々でありました。最近の一番の痛手は、カブ隊副長鈴木リーダーが東京転勤になったことでしょうか。次期隊長と見込んでいただけに、カブ隊にとっては、大きなショックでした。
団としても、さまざまな可能性を秘められた方だけにみんな声も出せませんでした・・・

◆しかし、それでも地球は回るのです!新しい年度の幕開けです。
幸いに出ていく人もあれば、入ってくる人もありで、20団ユニークなキャラは、まだまだこれから!!


隊旗入場、身も心も引き締まる一瞬?ヤンママ達で松本育成会会長を盛り上げて!

◆一堂に会しての入隊上進式、今年度もみんなで力を合わせて頑張ります。育成会三役にもヤンママたちが抜擢されました。

ビーバーリーダーのニューフェイスです

◆ビーバー隊は7月の夏季舎営までに、人数が増え、2人のプレビーバーを加えて7名となりました。
そして、新しいリーダーに多摩3団より転団の砂田ママ、上尾4団でSSまでスカウト活動をし、WB研修も終了された森泉パパが就任。心強い助っ人の出現に、矢沢、山本両リーダーに安堵の笑みが。

◆余談になりますが、転勤で退団された鈴木リーダーと森泉パパは、なんと上尾で1年違いの先輩後輩どうし。転勤が決まる直前に偶然の再会となったわけですが、そんなご縁で、鈴木ファミリーの咲良ちゃんは、上尾4団ボーイ隊への転団がスムーズに決まったようです。世の中って、ほんと、狭いし、思わぬ偶然で、劇的な展開になるんですね。

BS隊にも最強の助っ人、瀧本さん参上!

◆強力な助っ人は、ビーバー隊だけでなく、ボーイ隊にもいるんです!
どちらの団もリーダーたちのお仕事が多忙なのは同じような状況でしょうね、そのため、リーダーたちはたくさんいるように見えますが、皆、すべてが活動に参加出来るわけでないので、一人でもお手伝いしてくださる方がいれば、ほんとに心強いんです。今回も、友団の福岡15団から、噂の大物リーダーが活動に参加してくださることになりました。
時にはその風貌(ごめんなさい!)から、ギョッとさせられることもありましたが、とても熱心で、とても気さくな方と判り、みな、心から頼りにしているんであります。

新リーダーの誓いのセレモニーです

◆そして、カブ隊にも!
すでに4月からDLとして、活躍してくださってるのですが、数少ない地元のパパさんです。
このパパも、その昔、ボーイスカウト全盛時代のカブスカウト経験者だったそうです。他にもカブ、ボーイにもママリーダーが一人づつ増えました。
こうして、どんどん、輪が広がって行きます。20団の中でも、そして、転団を通して、全く知らない土地の人たちとの輪が、ゆっくり、少しづつ広がって行きます。