ボーイスカウト豊中第20団 -> カブ隊 -> スケート訓練 (1) (2)

 今年でお別れ、箕面高原スケート          2004. 1.25 

みんな、スケート出来るかな?カブはスケートのチャレンジ章持ってる子いるよね?

◆1月25日、ちょっと曇っててとても寒い朝です。
でも、スカウトたちは元気一杯!だって、今日はスケートに行くんだもん!寒くったってへっちゃらさ!
◆今日、僕たちが行く、箕面高原スケート場は残念ながらこのシーズン一杯、3月で閉鎖されてしまう事が決まってます。
箕面の山の自然の中で気持ちよく滑れたのに、僕たちが手軽に行ける唯一の、屋外リンクだったのに、とても残念!


スケート教室へはいったんですが・・・みんな初めての時は滑れなくって良いんだよ!今日はチャレンジ章ゲットするぞ!ボクは去年もらったよ!あ〜ぁ、疲れちゃったぁ!

◆さぁ、初めてのスカウトたちは、スケート教室で、少しでも滑れるようにしようね!と、思ったんですが・・・なんせ、参加する子供たちが多くて、インストラクターさんの手が足りません。諦めて、リーダーについて練習し始めましたが、初めてのスカウトたちにはなかなか難しいもんが・・・
転んでは立ちあがり、それを繰り返しながら、少しづつ歩ける様になってきました。そうだよ、それで良いんだよ。初めてなんだもん、転んで当たり前だよ。ガンバレ!
◆シカのユータロウや、クマのあっ君は余裕です。ユータロウは「今年はチャレンジ章アイススケート選手をもらうぞ!」と、張り切ってます。「おや、マイコはどうしたの?」「だって、風が冷たくって、雪がぶつかって冷たくって、つかれちゃった!」「じゃ、熱いココア、飲みにおいで!」「やったぁ!」

ボク、実は滑れないんです・・・チャレンジ章考査中ヤッホ!いっちゃん。チャレンジ章ゲットしたよ!

◆「あれれ・・・?コテラリーダー、手すり磨きなんかして、どうしはったんですか?」「実はボク・・・」「ウソぉ〜ッ!?」
と云う訳でコテラリーダーも一生懸命練習しています。
◆リンク中央ではユータロウにひかわくん、イッチャン、ミズキがチャレンジ章スケート選手のチェックを受けています。
クロスカットがなかなか難しい。ちょっとオマケで、みんな合格!私もクロスカットできないんだァと某リーダー。