ボーイスカウト豊中第20団 -> カブ隊 -> 夏季舎営 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)

夏季舎営*いのちの水をまもれ! 2003.7.25〜27

お〜ぉ、絶景かな!

◆7月25日、天気はそこそこ。温度も、それほど高くなく、カブビーバーたちにとっては、ちょうどよいでしょうか。ことしの夏季舎営は、六甲のおいしい水を、悪者たちから守ると云う大変な使命をもっての出発となりました。はてさて、どんな舎営になりますやら・・・


受付に届いていたものは・・・

◆6月の箕面教学の森の舎営で、六甲の水の精ロコディーヌより、汚れた水や、汚い環境が大好きなヨゴレンジャーたちから、六甲の水を守ってほしいというお願いをされていましたが、その後で、淀川の水道記念館に見学に行ったときに、、あらたなる手紙をロコディーヌから託されたのです。
 ヨゴレンジャーは本当は、ロコディーヌなのだけれど、地球の空気や水がよごれてきたことで、とつぜんにヨゴレンジャーブラックという悪者に変身してしまったこと。
 このブラックが、六甲の水だけでなく、地球上のすべての水を汚してしまおうと仲間を増やしていること。
 変身させられたヨゴレンジャーの呪いは、ロコディーヌが祈りをこめて作った、「きれいなビンゴカード」のビンゴを一つ完成させれば、もとの姿にもどれるので、カブとビーバーが頑張って、一つでもたくさんのビンゴカードを完成させてほしい!

◆このビンゴカードは、普段の生活の中で、みんなが見たもの、挑戦してできたことなどをリーダーにチェックしてもらうと言うものでした。「キャンプファイヤー」「手を洗う」「くつをそろえる」「淀川」「ロープウェー」・・・なんだか、これからのことにいろいろ関係ありそうな・・・

今度はヨゴレンジャーからの挑戦状が!

◆そして水道記念館からの帰り道に、事件!が起きました。千里中央でヨゴレンジャーブラックからのたし状が届けられたのです。

7月最後の土曜の夜、六甲山にてヨゴレンジャー、ブラック・ナイト・カーニバルを開催する。この儀式に参加し、お前達もヨゴレンジャーとなりヨゴヨゴ帝国建国のために働くんだ!!!
ロコディーヌを助けようとする奴らは俺達が必ずぶっ倒す!!!

◆そしてこの時から、スカウトたちは、ビンゴカードの完成に一生懸命になりました。どこからともなく、かれらのこんな声が聞こえてくるような気がして仕方ないんですから・・・
『〜ヨゴヨゴヨゴヨゴ、ヨゴレンジャー!きれいな水が大嫌い!どいつもコイツもヨゴしてやるぞ!ヨゴヨゴ・・・』

◆さらに、7月入ってすぐに行なった水泳訓練のときにも、スカウトのハバザックの中に、右のようなちょうせんじょうが届いたものだから、もう、パニック。
このときに、ビーバー隊のリーダーがぼそっと言いました。
「ぼくたちの活動中に、ハバザの中にこんな手紙をいれると言う事は、ひょっとしたらぼくたちの中にもすでにヨゴレンジャーがいるのかも!ヨゴヨゴ・・・」ん?

お前ら何か、よからぬハカリゴトを企てているだろう。この頃せっかく仲間にしたヨゴたちが減っていくような気がする。それでも、俺たちは負けないぞ、ヨゴヨゴ帝国を建国し、必ずや六甲のミズをわが物にしてやるぞ、覚悟しておけ!