ボーイスカウト豊中第20団 -> ネッカチーフコレクション ->記念5

ネッカチーフコレクション 記念5

icsp01

アメリカ連盟国際キャンプスタッフ・プログラム

Camp Staff Program(ICSP)をご紹介致します。毎年夏、アメリカ連盟各地野営場の設施により、スカウト達は月曜午後CAMP IN、土曜午前CAMP OUTの週間単位で、キャンプスタッフと共に、各技能章ハンドブックによって、各考査課目を研修、作業します。

icsp02

アメリカ連盟国際キャンプスタッフ・プログラム

金曜日CAMPFIREの最後に、各担当スタッフは合格者を呼び、技能章を授与します。親はこの夜も野営場で宿泊できるので、合格者と出席の親一緒に、担当スタッフさんと握手して技能章を受領します。

icsp03

アメリカ連盟国際キャンプスタッフ・プログラム

一週間平均三枚技能章を修了でき、私の派遣期間中の記録は五枚です。主なスタッフはExplorer(日本の場合、ローバー相当)ですが、ある専門、例えば、シュディング技能章は兵隊さん、または、警察さんで担当します。

icsp04

アメリカ連盟国際キャンプスタッフ・プログラム

世界各国連盟推薦するスタッフは国際キャンプスタッフです。役割は、自国の文化、スカウティングを紹介しますが、それ以外はアメリカ人スタッフと同じです。

icsp06

アメリカ連盟国際キャンプスタッフ・プログラム

派遣期は配属先の野営場により、四~八週間で、毎日ENGLISHしかないので、英会話能カが益々適応して増進しました。出発前、アメリカ連盟はICSPワッペン配給して、派遣期間中、配属先野営場経由で、ICSPバッグル、ベルトを配給します。そして、各野営場も色んなITEMSを制作します。

icsp05

アメリカ連盟国際キャンプスタッフ・プログラム

私はCALIFORNIA州北部のCAMP MASONITE NAVARRO野営場で七週間派遣しました。この野営場のネッカチーフ、ワッペン、スタッフバッグル、及び中国(台湾)連盟ICSP派遣団ワッペンを提供致します。陳 金柱さん所有

長野オリンピックネッカチーフ 長野オリンピックワッペン

長野オリンピックネッカチーフワッペンセット

冬のオリンピック、1972年札幌オリンピックは日本が初めて主催しました。その後、1998年長野オリンピックは二回目にあたります。日本ボーイスカウトも欠席なしで大会に奉仕しました。白い雪の色ベースで、長野オリンピック大会マークとボーイスカウトを示す本結び、五輪配色で縁取のネッカチーフは本当に素晴らしいデザインです。そして、長野連盟が制作した、奉仕参加者へ贈答品のワッペンセットも見逃すことのできない逸品です。陳 金柱 さん 所有

スウェーデンのネッカチーフ

スウェーデンのネッカチーフ

ヨーロッパ地域では、一つの国に、宗教、青年・・・等団体の複数スカウト連盟が世界スカウト事務局に加盟しています。その中、記録はスウェーデンとデンマークは各六つスカウト連盟で世界一です。私は1993年タイ連盟主催の23回世界スカウト会議で、President(総裁)of the Swedish Guide and Scout Association 代表と交際時、世界BS会議の各国代表席は六席で、各連盟一人でスウェーデン国代表を組成するとお聞きました。スウェーデン各連盟では別々に連盟派遣団のネッカチーフがありますが、スウェーデン国代表のネッカチーフはスウェーデン国旗の黄色、水色配色のネッカチーフです。幸い、私は、その時、この珍しいスウェーデン国ネッカチーフを総裁さんから贈られました。陳 金柱 さん 所有

第5回日本ジャンボリー

第5回日本ジャンボリー

1970年大阪万博の年、夏は富士山麓の朝霧高原で第五回日本ジャンボリーが開催された。翌年夏の第13回世界ジャンボリーが同じ場所で開催するので、第五回日本ジャンボリーは第13回世界ジャンホリーのリハーサルです。

第5回日本ジャンボリー

第5回日本ジャンボリー

5NJネッカチーフを展開すると、長さ72CM四角形になり、ベースは13WJネッカーフと同じオレンジ色で、赤、白、紺色の縁取、上下の先端に5NJ大会マークと日本初級スカウト章で、即ち、二用のネッカチーフです。真中には、赤富士と第5回日本ジャンボリー参加記念の文字がある、非常に珍しいユニークなネッカチーフです。当時、私はSSで、同じ隊の仲間は5NJに参加した。このネッカチーフはお土産として贈られた。30年前のことですが、今までも感激しています。陳 金柱 さん 所有

カナダ連盟派遣団のネッカチーフ

カナダ連盟派遣団のネッカチーフ

今日、ビーバーのふるさと----カナダ派遣団ネッカチーフをご紹介致します。ローヤル的な配色の赤い三角巾にゴールト色のカナダ国花「サトウカエデ」の葉とCANADAを刺繍する、大変シンプルなデザインですが、豊かな大地に無数の山、森、湖の物語を教えてくれる。オオーー大自然・・・。陳 金柱 さん 所有

旧版韓国連盟派遣団ネッカチーフ

旧版韓国連盟派遣団ネッカチーフ

おしゃれな韓国民族衣裳用生地に韓国国旗とKOREA刺繍したパッチを縫い付けのネッカチーフは豪華版ネッカチーフである。1960年代、韓国スカウトは海外派遣することは少人数ので、非常に光栄なことです。即ち、このネッカチーフも大変少数の物で、自慢の逸品として大事に珍藏しています。陳 金柱 さん 所有

日本神社スカウトネッカチーフ 第六回神社スカウト全国大会参加章

日本神社スカウトネッカチーフ

2000年の新春にあって、台湾スカウト達に対して、意義深く日本神社スカウトネッカチーフと第六回神社スカウト全国大会参加章をご紹介致します。 金糸、銀糸で刺繍した日本天皇の家紋と同じ「菊紋」の日本神社スカウトネッカチーフは非常に高級品です。1972年日本と台湾は国交断絶になった。 この影響で、1974年第六回日本ジャンボリーから、今までも、歴回日本ジャンボリーや、ベンチャー等日本連盟主催の全国的な大会は台湾スカウトは 参加できない。但、三重県伊勢で開催された歴回日本神社スカウト全国大会は中国(台湾)スカウト連盟は公式派遣団として参加できます。日本神社ス カウトも1978年第五回、1986年第六回中国(台湾)ジャンボリー参加した。この素晴らしいネッカチーフは、第五回中国(台湾)ジャンボリーで、ある神 社スカウト派遣団リーダーさんから私に贈られた。当時、神社スカウト派遣団の「菊紋」ネッカチーフは刺繍品とプリント品がある。台湾スカウト達 はこの「菊紋」刺繍品ネッカチーフを「日本天皇御用」のネッカチーフと思って、大変注目され、大好評な物です。菊紋上の汗の痕跡が、今までも残 ってある、南国台湾の熱さ、いいえ、日本神社スカウトの熱情です。日本神社スカウトは台湾にのご応援、ご親善することは、いつまでも感動してい ます。陳 金柱 さん 所有

第16回世界ジャンボリー記念ネッカチーフ

第16回世界ジャンボリー記念ネッカチーフ

西元2000年の新年を迎え、歴回世界ジャンボリーを振り返ると、1988年オーストラリアの第16回、及び、1999年チリの第19回世界ジャンボリーは新年期間中に開催しました。皆、南半球の国で、新年期は熱い夏です。この緑ネッカチーフの先端の英文字は16WJ、と開催地ですが、下はオーストラリア建国200年のマークです。つまり、このネッカチーフは16WJのPRと記念ネッカチーフです。16WJのマークは黄色ワッペンの通りです。