ボーイスカウト豊中第20団 -> ボーイ隊 -> 救急章考査会

救急章考査会 04.02.01

2月恒例の救急章考査会なのだ。練習に練習をつんだ成果を発揮しようぜ。
というわけで、20団からは小寺君と藤東君のトラ班コンビが、VS隊からは川本君がチャレンジしました。
救急章は、どうしてもゲットしておきたい技能章です。
救急章を受けるには、事前に三角巾の扱いと包帯法は必須です。
◆ボーイスカウト豊中地区救急章考査会
-----------------------------------------------------------------------------
[活動    ]救急章考査会
-----------------------------------------------------------------------------
[日時    ]2004/2/1 09:00-15:00
[場所    ]豊中北消防署
[持ち物  ]包帯、三角巾、副木、スカウト弁当、水筒、筆記用具
[費用    ]資料代として400円
-----------------------------------------------------------------------------
[予定    ]
-----------------------------------------------------------------------------
08:30 □受付
午前  □普通救命救急講習
午後  □搬送法など実地指導
      □包帯法
考査  □三角巾を使った救急
★チャレンジブック/ B5救護
 
救急章考査会
セレモニー

◆救急章考査会の最初の講習
今回の救急章には豊中地区から14名のスカウトが参加。
20団からも3名が参加しました。
これから消防署の普通救命救急プログラムを受講します。

心肺蘇生の実地指導

◆心肺蘇生
この心肺蘇生は、3大救命措置のうちのひとつ。
息を吹き込むだけではなく、胸の様子を見ながら心肺蘇生を行います。
救急車が現場へ到着するまで約5分〜6分。その間に心肺蘇生ができるかどうかが重要なポイント。

上着をつかった搬送法

◆上着を使った搬送法
急造担架に毛布を使う方法があります。しかし、手元に毛布がない場合だってありますね。
そんなときのために、自分の着ている上着を担架にかぶせる方法がこれです。
この写真からはわかりませんが、ただ上着を脱いでかぶせているわけではありません。
両手を棒から離さずに、背中のほうから上着をめくって、そのまま棒にかぶせてるんですよ。

保温対策

◆保温対策
体が弱っている人の保温対策です。体を冷やしてはいけません。
毛布で体を包みます。必ず足許から包んで、両脇へかぶせるようにします。
四角い毛布に斜めに寝かせるのがコツ。

三角巾の考査!

◆三角巾の考査
午前、午後を通して講習があった内容をもとに考査されます。
結び目は「本結び」。そう、解くときにスッと抜けるんですよ。
写真は全巾つり。この他、もうひとつの処置の考査を受けます。(頭または、足)
おっ、まあまあ出来てるな。(1月救急訓練での練習の成果?)